薄毛原因遺伝

薄毛は育毛剤だけでは治らない場合もある

まだ若い人でも、抜け毛が多くなり薄毛をが気になりだしたら、大半の人は、まず育毛剤に手を伸ばすのではないでしょうか?しかし、単に育毛剤を使ったからといって、髮の毛がすぐに復活するわけではありません。

 

いつものシャンプーやマッサージなどを丹念に、正しい方法で同時に行って初めて、髮の毛はうまく抜け毛が改善し始めるのでマッサージも間違ったやり方をすれば、かえって頭皮を傷つけ、髮の毛の成長を阻害してしまうことが多いのです。

 

多くの方は、直接頭に塗布する育毛剤が最も手軽なので、男女を問わず何らかの育毛剤を使っているのではないでしょうか?少し前までは、女性で育毛剤を使っている人は少なかったと思いますが女性向け商品の広告が多くなるにつれ、使っていると答える人たちが年々多くなってきています。

 

しかし実際に「効果」を尋ねると、「よくなった」と言う人もいますが、「わからない」「効き目はなかった」という答えが多いのが事実です。これは、本当の抜け毛原因を把握していなっからだと思われます。
そもそも、女性と男性では抜け毛の原因も異なるからです。

 

遺伝子検査で薄毛チェック⇒AGA遺伝子検査

 

薄毛の予兆を掴み取ることも重要な対策

人間の髪の毛の発毛は、特別に何もしなくても起こっています。育毛剤を使わなければならない状態となる頃は、髮はもう細い状態になって生えてきています。ですから、まるで赤ちゃんを育てる時のように細心の注意を払って、細くて弱々しい毛髮を引き抜かないように大切に育てていかなければ、髮はうまく育ってくれません。「生えてきた気がしない」というのは、「目に見える太い毛になっていない」、「感触的に太く感じない」ということなのです。

 

育毛剤、発毛剤を使用することにより、かなりの人が救われていることもあると思います。しかし、特効薬や手品のように、たちどころに髮が生えてくるというものではありません。育毛剤を使っている人は「期待して、信じて、迷って、疑って、止める、そしてまた違う育毛剤……」というパターンを繰り返している例が非常に多いのです。

 

毛髮の寿命にはサイクルがあるので、抜けた直後は、どんなにあせっても一定期間は新生毛が生えてきません。まして、目に見えるようになるまでには早くても半年近くはかかりますので、継続して使うことが大切です。

 

さらに、自分では気がつかない「髮への負担」を与え、せっかく伸びようとしている毛髪の発育をダメにしている人も多いのです。効果的と言われている育毛剤、発毛剤などを使ったり、服用タイプ(フィナステリド)の育毛剤を使うことで、発毛して新生毛の伸びは促進されているのですが、普段のシャンプーやスカルプマッサージなどのお手入れが適切でないために、発育が妨害されたり、極端な場合には引き抜かれてしまっています。

 

かといって、これらのケアをしないでいると、さらに新たな脱毛を引き起こします。大切なことは、何が原因で抜け毛や薄毛が進行しているのか。そのことを理解した上で正しい治療を行うことです。原因や誘因に対して適切な対処が発毛のきっかけを作り、食事面や精神面も含めた正しい知識を持ち、髪への負担を取り除く適切なケアを続けていくことです。