抜け毛予防

薄毛、抜け毛予防は食事などの生活習慣から行いましょう

育毛のためには、まず抜け毛の原因をチェックしてみなければなりません。おでこが広がってきたといっても、それは単なる生まれつきだったり、元々そういう顔立ちであれ

ば問題はありません。また、単純にそう見えるだけの場合もあります。

 

しかし、年齢の経過とともに遺伝的要素によって前頭骨が発達したことによる「血行不良」、「男性ホルモンが関係する皮脂の分泌過剰によるベタつき」、「シャンプーなどの手入れの間違い」などの場合は注意が必要です。

 

まずは現在維持をして、それ以上薄くならないようにし、生え際の後退を予防するためには「髮の毛は皮膚が変化したものである」ということを意識し、頭皮の状態を正常にすることが大切です。

 

皮膚が弱る最大の原因は「全身の病気」です。腎臓、心臓、肝臓などの病気や、胃腸の不調、さらには偏食や不摂生などのいわゆる生活習慣、ストレス過多で体力が弱ってしまうこと自体も皮肩によくありません。(生活習慣病とその運動療法

 

また、シャンプーやお手入れなどのやり過ぎで、炎症や湿疹などのトラブル、汚れたままで適切なお手入れをしていない、紫外線に当たり過ぎる……などといったことに加え、男性ホルモンの影響を受けると、次第に薄毛が進行する原因になってきます。

 

若い方をはじめとして、誰しもが薄毛にはなりたくないと思っていると思いますが、そのためには、頭皮や毛髮のしくみをよく理解し、常に髪の毛が良好に育つような環境にしておくことも重要なことです。薄毛は「予防に勝る治療なし」です。育毛剤や発毛剤を手にする前に「自分は危ないかも・・・」と思っているのであれば、健康面への注意とともに普段からヘアケア、スカルプケアを正しく行うことが、あらゆる年代の男女にとって重要なことです。