薄毛判定と判断

薄毛を判定する!薄毛が始まるのはこういう時だ!

今や脱毛、薄毛は男性だけの問題でなく、女性にとっても深刻な問題となっています。例えば額の広さには個人差があり、もともと額が広いのに、それを非常に気にしている人も多くいます。ここで言う個人差とはもともと生まれ持ったものですのでどうしょうもありません。

 

M字の部分が薄くなっていたりハゲ上がったように見えて悩んでいる方も多くいるでしょう。実はM自ゾーンの場合は、少し微妙です。実際にマイクロスコープで拡大してみるとわかるのですが、額に生えている毛の殆どがひとつの毛穴から1本の毛が生えています。

 

通常の毛髪は1つの毛穴から2〜3本出ています。元々髪の毛の量が少ない人は1〜2本というケースも有りますが、毛髪全体で1毛穴に対してあ本しか生えていない割合は20%未満と言われています。顔やカタラに映える産毛とでは頭皮に生えている産毛とでは大きな違いがあります。

 

この違いがわからないと、薄毛になったと勘違いして育毛剤を使ったり高いお金を支払い育毛店に行って効果なお金を払ってしまう場合もありますので注意が必要です。

 

実は女性の薄毛の場合は、男性と明らかに異なる点があります。それは、薄毛の進行度合いです。男性の場合は、額が後退するパターン、頭頂部が薄くなるパターン、その2つが同時に進行するパターンが有ります。

 

しかし、女性は全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」と呼ばれる症状がほとんどです。今は大丈夫な人でも次に上げる項目が出てきたら要注意です思い当たる点がないか確認してみてください。

 

髪の太さが細くなリ、張リ、コシがなくなりポリュームが少なくなった
毛先の尖った短い毛が伸びなかったリ、細くて短い毛の抜け毛が目立つ
毛根にフケや白い塊や、尻尾のようなものがついた抜け毛が目立つ
抜け毛の数が多くなリ、毎日100本以上も抜けるようになった。
髪をとかすと、髪の間から毛先の尖った短い髪がピンピン立つようになった
シャンプーを毎日しているのにもかかわらず、すぐに髪がベタつく
髪が濡れた状態だと頭皮が透けて見える
分け目の部分の髪が薄くなり、分け目が広がって見える
鏡を靦いたら、髪が透けて頭皮のラインがわかるようになった
頭皮の色が今までは白っぽく見えない、褐色に見える
他人から指摘された