頬のたるみの原因

頬のたるみの原因

年と共に、頬のたるみが気になるという人は、最近は増えているようです。なぜ、年の経過と共に頬のたるみが目につくのでしょう。人間の肌が、加齢と共に老けて見えるようになるのは、重力方向に頬などがたるんでくるためです。鏡で自分の顔をチェックしたときに、目の下や鼻の横あたりの頬の毛穴が開いて見えたら要注意です。手のひらで頬を持ちあげた時に毛穴が小さくなるようなら、たるみの証拠です。

 

肌がたるむのは、肌のみずみずしさが失われ、ハリがなくなってきたためです。お肌に存在していたコラーゲンが紫外線などの影響で破壊されると、肌の弾力がうまく保てなくなります。顔には、表情をつくるための表情筋が張り巡らされていますが、年を取って表情筋の力が弱まるとたるみやすくなります。表情筋も筋肉ですから、つかわないでいると筋力低下の原因になります。日常生活のあらゆるしぐさがたるみの原因になっていることもあります。頬杖をつくと肌にかなり負担をかけることになります。眉間にしわを寄せるくせや、口もとをへの字に曲げる癖なども存在しているでしょう。口もとが下がっていると、時間がたつにつれてほおのたるみは進行します。

 

たるみのない、弾力のある頬をキープしたい場合は、毎日のちょっとした行動から見直してみていってください。

 

頬のたるみ解消マッサージ

年齢を重ねるにつれて頬のたるみが増してくると、それだけで年を取って見えるようになります。頬のたるみ対策を行うことが、肌の若さをキープするためには大事です。毎日顔をマッサージすることが、頬のたるみ対策によいといいます。普段ファンデーションを塗るときや、化粧水などで肌をお手入れするときにはいつも意識して下から上、内から外へ手を動かしましょう。肌に触れる時の手つきを変えるだけでも効果は変わってきます。

 

時間に余裕がある時はたるみ解消のためにマッサージクリームを使いましょう。どのくらいの力を込めてマッサージをすることも重要です。マッサージでしわが増えては元も子もありません。肌を強く引かないように意識しながら、マイルドにマッサージを施します。うずまきを描くように、内側から外側に向けてマッサージをすることで、頬の代謝を促進し、たるみ解消が可能です。人によっては、マッサージに時間を費やすほどのスケジュールの隙がなかったりします。

 

メイクを落とすクレンジングのときに同じような指の動かし方で頬のマッサージをしてみましょう。基本は下から上、内から外です。この動かし方を会得できれば、誰でも手軽にマッサージができます。マッサージは続けることで効果を発揮します。効果を焦らず、毎日きちんと実践することで、たるみのない頬になれるでしょう。

 

頬のたるみは顔のストレッチで解消 !

年をとって見えるかどうかは頬のたるみにも関係しているので、気にする人は少なくないようです。頬のたるみは、年を取ればどうしても出てきてしまいますが、食い止められるなら止めたいものです。様々な要因があわさって頬のたるみはできますが、原因の一つに表情筋の衰えがあります。表情筋を鍛えることで頬のたるみを防ぐことができるでしょう。表情筋を強化するストレッチをするといいでしょう。

 

表情筋が増強されれば、顔の代謝もよくなりたるみも解消されます。テレビを見ながらやったり、他の作業をしながらできるストレッチなので、軽い気持ちでできます。まず、頬の下にある唇から耳の下に存在している筋肉を鍛えていきます。口をとがらせて唇をできるだけすぼませて、そのまま5秒カウントします。それから、口に空気をためていきほおをめいっぱい膨らませます。いっぱいになったら5秒おき、ゆっくり戻します。毎日ストレッチを行えば、徐々に頬のたるみが目立たなくなっていきます。口で呼吸をする癖がある人は、できるだけ口を閉じるようにします。

 

口を縦に大きく開きくちびるを前に突出して5秒キープ。次いで、正面から唇が見えなくなるまで口の中に巻いていって、そのまま5秒数えるとストレッチになります。作業の合間などにストレッチをする時間があれば、顔のストレッチをして頬の筋肉を鍛え、頬のたるみのない弾力ある肌を目指したいものです。