美肌とアンチエイジングの関係

アンチエイジングと美肌は密接なつながりがあります。

 

肌にシミやシワが多ければ年を取って見えますし、艶やはりのある肌であれば年齢以上に若く見えます。美肌を維持することは、アンチエイジングでは重要です。肌が老化する原因は幾つかありますが、大まかには3つです。3つとは、重力老化、光老化、ストレス老化です。3つの老化を意識してアンチエイジングを目指しましょう。重力老化とは、肌の筋肉が重力に引かれてたるむことで起きる老化です。

 

肌にたるみが目立つようになれば、美肌からは遠ざかります。アンチエイジングで、重力に引っ張られない弾力のある肌をつくることです。肌の張りを保つコラーゲンが紫外線などの影響で壊され、肌の老化が進むことを光老化という言い方をします。肌の老化は、理由の80%が光老化だともされています。光老化は、肌トラブルの背景要因にもなっています。美肌とストレスは意外密接な関わりがあります。

 

ストレスによって起きる肌の老化を、総合してストレス老化と呼んでいます。ストレスがたまるとコルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。コルチゾールが多く分泌されると肌の代謝が乱れ、老化の原因になりす。肌の老化の原因になる要因をできるだけ排除することによって、アンチエイジングをすすめ、美肌を保つことができるといいます。(老化を防ぐ抗酸化物質とは?)

 

美肌のためのアンチエイジング対策

美肌を保つにはアンチエイジングに力を入れ、肌の老化からお肌を守らなければなりません。表情筋を意識して使うことによって、重力老化の肌への作用を減らすことができます。人とコミュニケーションを取り、よく笑うことはアンチエイジングにいいですし、表情が豊かだと若く見えるという利点もあります。

 

重力老化のアンチエイジングには、顔のリンパマッサージも効果的ですので、マッサージ効果で美肌を目指しましょう。光老化に対するアンチエイジングは、紫外線対策をしっかりすることです。UV−A、UV−B、UV−Cという3つの紫外線が存在しています。最も注意が必要な紫外線はA波です。波長が長く、部屋の中にしても紫外線は肌まで届くためです。美肌を保つためには、肌のコラーゲンを減らしてしまう紫外線のA波対策は必須ともいえます。

 

肌のしみやそばかすをふやし、美肌を損なうのは紫外線のB波です。波長が短く遠くまでは届きませんが、肌へのエネルギーが高い波長です。紫外線が一番強いとされる午前10時〜午後2時の間は、外出を避けるのがよさそうですがA波は室内でも届いてしまうので注意が必要です。ストレスによる肌の老化に関してですが、ストレスのたまり具合は人によって違います。どうすれば自分のストレスは緩和されるのか、アンチエイジングでの美肌のためには大事なところです。

美肌とアンチエイジングの関係関連ページ

アンチエイジングの為の美肌スキンケア
頬のたるみの原因